環境学習のひろば ::環境学習推進センター

環境学習のひろば 環境学習推進センター
HOME
学ぶ
調べる
つなぐ
環境学習推進センターのご案内
環境学習のひろば メールマガジン

学ぶ

学習指導者や環境に関する講座などの情報を掲載しています。

活動報告

 「エコネットHugアース」と共催で環境学習講座「川の生きものしらべ」を開催しました。

○環境学習推進センターでは、「エコネットHugアース」と連携し、下記講座を開催しました。

 

  1 開催日及びスケジュール

   平成19年7月28日(土)

 

  10:00〜10:10  集合、あいさつ

  10:10〜10:30  オリエンテーション

     川の生きものについて

     川の環境について

  10:30〜11:30  川の生きもの観察 

  11:30〜12:00  ふりかえり、アンケート記入、解散

 

2 活動内容

  エコネットHugアース 浅本輝明さん(会長)から挨拶、続いて講師の清木幹雄さんから川の生きものと環境についての説明があり、川へ入り、川の生きものの観察会を行いました。

 概要:身近な川の生きものの観察を通して、小さな生きものの役割を学び、生きものや川を大切にしようとする気持ちを育みます。

 

 

 

【開講・オリエンテーション】下松市立久保小学校駐車場にて

 

 

 

 

【観察会】

 

 

      みんなで生きものしらべ       網で採取してバットに移して観察 

 

 

                               ホタルの幼生

 

 

        ミズカマキリ               サワガニ

 

 ←石の裏についていた魚の卵

 

 

【ふりかえり、まとめ】

 採取した生きものを水槽に移し、みんなで観察し、清木先生より主に川に棲む魚についての説明がありました。また、“山と海をつないでいるのは川である”というパネルを見ながら、川での食物連鎖とそれぞれの生きものの役目と関係についてお話がありました。

 

   

 

 

 

 

(感想)

当初、予定していた7月21日(土)は前日の雨による増水のため延期し、翌週の土曜日に開催することとなりまいsた。開催当日(7月28日)は天気も良く、川遊びには最適な日和でした。子供達も保護者も一生懸命、川の生きものを探していました。

参加された皆さん(計26人)は、切戸川には魚やカニだけでなく、いろいろな生きものがいることを知り、またその生きものの役割について学び、感心していました。

 

<採取した生きもの>

 ゲンジボタル、スジエビ、サワガニ、カゲロウ類、カワゲラ類、ミズカマキリ、ニンギョウトビケラ、ヤゴ(コオニヤンマ、ヤンマ、アカネ、イトトンボ)、カマツカ、カワムツ、アブラボテ、メダカ等

 

<参考>

 この川の汚れ具合を、採取した生きものから判定すると、きれいな水(水質階級?)と少しきたない水(水質階級?)の間と考えられます。