環境学習のひろば ::環境学習推進センター

環境学習のひろば 環境学習推進センター
HOME
学ぶ
調べる
つなぐ
環境学習推進センターのご案内
環境学習のひろば メールマガジン

調べる

環境学習教材・ツールや、学習に役立つサイトを紹介します。

環境学習教材

DVD
No. 題名 内容 収録時間 制作年 制作
1 知ろう 学ぼう 考えよう 地球温暖化 鮮烈な映像が地球温暖化の今を伝えます。温暖化問題を、より身近に体感できる今までにない映像資料集。 2002年 環境省
2 よくわかる省エネルギー 省エネルギーの必要性、日本のエネルギー政策・制度について解説しながら、家庭・オフィス・地域・自治体等の省エネの実践行動を紹介。 33分 2003年 (財)省エネルギーセンター
3 省エネのすぐれワザ教えます 衣食住・車・オフィス等での省エネルギーの優れワザの紹介。 2003年 (財)省エネルギーセンター
4 里山から生まれるシンフォニー
〜つくってみよう、奏でてみよう竹楽器〜
H18国民文化祭で演奏されたバンブーオーケストラ。里山の竹林整備から出た竹材を使った竹楽器の作り方を紹介。 2007年 山口県農林水産部森林企画課
5 わたしたちのくらしと川のかんきょう
〜川と水を学ぶ〜
緑に囲まれた川原に、お兄さんとハイキングにやってきた美流ちゃん(12歳)と清流くん(10歳)。3人は川の博士ドクター・クワシから、川の水と私たちのくらしの関係や川の環境について教えてもらいます。そして川や水をきれいにするためにできることは何かを考えます。 2007年 (社)日本の水をきれいにする会
6 独立行政法人国立環境研究所公開シンポジウム2005 記録映像
地球とくらしの環境学「あなたが知りたいこと、私たちがお伝えしたいこと」
180分 2005年 独立行政法人国立環境研究所 セミナー委員会
7 みかん一座 環境ミュージカル「もったいないけん!」 環境省中国四国地方環境事務所主催「3R推進中国四国地方大会」のイベントのひとつとして、平成18年11月3日、愛媛県民文化会館においてみかん一座による環境ミュージカル「もったいないけん!」(現代の子供たちが江戸時代にタイムスリップして「もったいない」といった精神が大切なことを学ぶもの)が上演された。小学校の環境学習用の資料となるようDVD化されたもの。
8 子どものための環境教育DVD
EARTH VISON The Best
アース・ビジョン ザ ベスト
「EARTH VISION 地球環境映像祭」 15周年記念
<生きものと森林の関係を考えてみよう>北海道の大自然の中、モモンガを通じて、自然の美しさ、そして、動物と森との共存を謳う。<身近な生きものの知られざる生活を探ってみよう>クモの生態を、深くそして鮮やかに描きだしたネイチャーフィルム。「EARTH VISION 第4回地球環境映像祭」アース・ビジョン大賞 他7作品
180分 2007年 アース・ビジョン組織委員会(本部・(財)地球・人間環境フォーラム)
9 エコドライブ10のすすめ 1ふんわりアクセル「eスタート」 2加減速の少ない運転 3早めのアクセルオフ 4エアコンの使用を控えめに 5アイドリングストップ 6暖機運転は適切に 7道路交通情報の活用 8タイヤの空気圧をこまめにチェック 9不要な荷物は積まずに走行 10駐車場所に注意 15分 2007年 環境省
10 未来の選択  地球温暖化の現状・影響・予測  そして私たちからできること 広がり続ける温暖化の脅威。私たちにできることは? 貴重な映像で、地球にいま何が起こっているのか、そして地球温暖化は、私たちの未来にどのような影響を及ぼすのかを分かりやすく紹介。一人ひとりから始めることができる効果的な防止行動を提案します。 30分 2006年 特定非営利活動法人環境市民・プロダクション スコーポ
11 誰でもできるエコ運転術自動車から排出されるCO2は地球温暖化の大きな原因となっています。燃費を向上させてCO2の排出を抑えるエコドライブは、これからの自動車ユーザーのマナーです。エコドライブの方法をJAFのホームページからダウンロード、DVDにおさめました。 15分 JAF (社)日本自動車連盟
12 MOTTAINAIで地球を守ろう1.地球規模で考える環境  2.新しい技術が環境を守る  3.くらしの工夫が地球を守る〜「もったいない」から始めよう〜    ナレーター:本上まなみ 45分 2006年 毎日新聞社 科学環境部監修/東映株式会社企画・制作
13 先端環境リサイクル科学技術シリーズVol.2  容器包装リサイクル <映像編>1.容器包装リサイクルとは? 2.3Rって何? 3.3Rの取り組み 4.これからの未来のために
<資料編>1.容器包装リサイクル 2.3Rの技術 3.3Rの取り組み 4.3R関連知識
<インタビュー> <クイズ>
2008年 財団法人 日本科学技術振興財団企画制作/埼玉県環境科学国際センター総長 須藤隆一監修・協力
14 アースキーパーズ
〜森の教室で知った地球の秘密〜
DISC1アースキーパーズ 〜森の教室で知った地球の秘密〜(2006年8月制作)
DISC2アースキーパーズU〜森の教室で知った地球の秘密〜(2008年3月制作)
93分 2008年
15 Voice of the earth
地球派宣言〜地球の声を聞きたい〜
これまでの映像から厳選した世界各国の動植物や自然の風景を100話にまとめ、地球環境に対する意識をより身近なものにしたと考えたもの。 75分
16 私たちが水環境を学ぶために
〜日本の水をきれいに〜
1.オープニング 2.「水環境」という考え方〜水質だけでなく水辺の環境全体を考えよう〜 3.良い水環境の例〜日本各地のすばらしい水辺〜 4.自分たちの水辺は自分たちで良くしよう〜家庭でできること〜 5.水環境が損なわれている場所で起きている問題 6.私たちにできる水質・水環境の調べ方 7.全国で広がる水環境を回復させるための取組の例 8.エンディング 21分 2009年 社団法人 日本の水をきれいにする会
17 森のいのち 川のいのち
save the forest
”カワイイ”から始まるハートフルムービー。日本に残る、身近な森の”守るべき仲間たち”の物語。小気味よい構成でじわりと響く、癒やしの映像絵本24話60分の世界へようこそ! 60分 2008年 撮影・文・イメージフォト:田口哲/監修:小原聡
18 NHKスペシャル
気候大異変 Climate in Crisis
第1回 異常気象 地球シュミレータの警告
第2回 環境の崩壊が止まらない(2枚組)
103分 2006年 NHKエンタープライズ ザ・サイエンス・チャンネル(米ディスカバリー)
19 環境問題DVD1 環境問題ビデオシリーズ
「ごみをへらそう」「いのちの水」
30分 開隆堂出版株式会社
20 環境問題DVD2 環境問題ビデオシリーズ
「ペットボトルとびんのリサイクル」「紙のリサイクル」
35分 開隆堂出版株式会社
21 これだけは知っておきたい!環境問題入門 環境問題とは何か?/環境問題にどう取り組むか? 60分 2007年 日本経済新聞出版社
22 ハチドリのひとしずく 私にできること
−くりかえし、くりかえし、見て語りあいそれぞれに自分の答えを−
金の鳥、クリキンディ。それは、南米アンデス地方の先住民に伝わる小さな小さなお話・・・このわずか十数行の物語が少しずつ、人々に波紋を広げています。  ハチドリのひとしずく・・・  地球温暖化という地球全体の大きな問題をひとりひとりの小さな私たちが。自分自身の心に、静かに問いかけたくなる物語。「ハチドリのひとしずく 私にできること」  あなたは何ができますか?あなたは何をしますか? 19分 2009年 (有)アニメーション画房わ組
23 もったいないばあさんと考えよう世界のこと DISC1 地球でおきている10の問題(42分)
DISC2 世界の10人の子どもたち(19分)
付録DISC インド取材映像(10分)
71分 2009年 もったいないばあさんと考えよう世界のこと製作委員会・真珠まりこ
24 ペットボトルの水 ペットボトルの水が売れている理由はなんなのでしょうか。水を売る企業が大量に地下水をくみ上げることは、自然界の水の循環や地域の人びとにどんな影響を与えるのでしょうか。日本をはじめ、アメリカ、パキスタン、タイ、インド、中国、そしてリサイクルの現場などの具体例を見ながら、「ペットボトルの水」を検証し、「公共財」としての水を考えます。 31分 2007年 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
25 危害の輸出:アジアで処分されるハイテクごみ 23分 2002年 バーゼル・アクション・ネットワーク(BAN)
26 水は誰のものか 地球上のすべての生きものに必要不可欠な水。しかし人類が利用可能な淡水は、地球上の水のわずか0.01%に過ぎません。水は誰のものか。すべての人が生きていくための権利としての水、地球規模での「公共財」としての水のあり方を考えます。 28分 2005年 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
27 バイオ燃料《畑でつくるエネルギー》 石油燃料に代わる「環境にやさしい」燃料として注目を集めているバイオ燃料。各国は競うように研究と増産を進め、2000年からの5年間で生産量は倍増しています。原料は、トウモロコシやサトウキビ、ビート、米、小麦、大豆、パーム椰子、菜種など、畑でつくられる作物がほとんど。作品では、アメリカ、ブラジル、メキシコ、マレーシア、ヨーロッパ、日本を取材。先進国でふくらむ大量のバイオ燃料需要が人びとの暮らしに与える影響を追いました。持続可能な循環型社会を実現するために、「バイオ燃料」とどう付き合っていくのかを考えます。 31分 2005年 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
28 食卓と海
水産資源を活かし、守る
魚や貝、海藻など、海の恵みは、古くから私たちの食卓を与えてきました。しかし今、水産資源の枯渇が世界中で懸念されています。魚を食べられなくなる日がやってくるのでしょうか。海に生きる人びとと、私たちの食卓とのつながりを知り、自然がもたらす恵みと持続的につきあっていく方法を考えます。 35分 2009年 NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
29 海と森と里と つながりの中に生きる すべての生きものの命は、自然の巧みな循環に支えられています。世界中で自然資源が失われつつある今、人と自然とのかかわり、営みと営みとのつながりを考えます。 35分 2010年NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
30 未来を変えるあなたの選択
CO2ダイエット生活
地球温暖化を防ぐために、私たちが日常生活の中でできることは何なのか。それを考えるきっかけを視聴者に与えることが、この教材の目的です。 23分 2008年 全国地球温暖化防止活動推進センター
31 ど〜なる?こ〜なる?リサイクル 分別収集された、ガラスびん、PETボトル、紙製容器包装、プラスチック製容器包装、それぞれのリサイクルのゆくえを追って、4人のリサイクル探検隊がさまざまな現場に飛び出してリポート、身近なものから意外なところで役立っているものまで、リサイクルで新しい製品に生まれ変わっていく様子を紹介します。 19分 2010年 公益財団法人日本容器包装リサイクル協会
32 DVD環境教育教材
〜そらとべあとみんなの地球
第1章 そらべあのアニメーションで「いまの地球に起きていること」を理解する。 第2〜3章 地球温暖化や再生可能エネルギーのことを学習 第4章 エネルギーの大切さを学び、具体的なエコアクションを促す 20分 2011年 特定非営利活動法人そらべあ基金
33 動物かんきょう会議 環境問題をテーマに、「人間に任せちゃいられない!」と世界から集まった動物たちが面白おかしく会議を繰り広げる教材アニメ。お国柄を漂わせる動物たちの話し合いを通して、環境問題への興味と問題意識を喚起する。全20話を収録。各話指導用教本手引き資料が収録されたCD-ROM付き。 2巻各50分 2012年 NHKエンタープライズ
34 それいけ!リサイクルトラベラーズ 平和な現在のパピルスタウン。小学4年性の「みるぱ」ちゃんのもとに、1箱の贈り物が届く。その箱を開けると、綺麗な水晶のような玉が入っていたが、それは、未来から届いた重要なメッセージが込められていた。そのメッセージとは、「未来に起きている危機を救って欲しい」という、大変な使命だった。このメッセージを込めた「玉」の贈り物はみるぱの友達「わける」、「つくる」の元にも届いており、この3人が未来にとって重要な役割を果たすことになる。はたして、みるぱ達「リサイクルトラベラーズ」は、未来のパピルスタウンを救うことができるのか?! 20分 2009年 財団法人古紙再生促進センター
35 エンジョイ!エコ・クッキング 1 エコ・クッキング 基本編 エコロジーの妖精「エコロ」と主人公たち(翔子・大地)が、様々な精との出会いの中で楽しく地球環境問題やエコ・クッキングについて学ぶ。
2 エコ・クッキング 補足編 基本編以外のエコ・クッキング料理のつくり方や、野菜の切り方、調理器具の使い方などについて学ぶ。家庭科における調理実習でご活用可能。
3 資料編(静止画像)本編(基本編)の理解を深めるためのエネルギー環境問題に関連した図やグラフなどを収録し、地球温暖化による影響などについて詳しく学ぶことが出来る。
72分 2007年 エネルギー環境教育情報センター
36 ぽのぽのがゆく! 天然ガスのふしぎ発見! 小学校(高学年)・中学校でエネルギーを学ぶ副教材として制作いたしました。クリーンエネルギーとして期待の高まっている天然ガスをクローズアップし、5つのチャプターで構成。学習の目的や対象に合わせ、全編を通しての活用、またはチャプターごとでご使用下さい。
チャプター5のまとめクイズでは、DVDで扱った内容から5つの設問を出題。指導にあたっては、その場での挙手、回答用紙をご用意いただいての筆記などができます。また全編を見た上でのふりかえりなど、アレンジをいただければと思います。
25分 2012年 エネルギー環境教育情報センター
37 地球のためにできること

<コピー・再配布 禁止>
僕たちが住んでいる地球。
普段の生活をしていると気づきにくいけど、実はさまざまな環境問題の影響で、困っている人たちがいます。
これからもみんなでずっと地球で暮らすため、地球のために何ができるのか、僕たちと一緒に考えてみませんか?
第1部パプアニューギニア・ソロモン篇
第2部キリバス諸島篇
第3部アブダビ篇
http://www.cosmo-oil.co.jp/netmovie/netcinema01/index.html
38分 2005年 コスモ石油
38 野口健 小笠原環境学校

<コピー・再配布 禁止>
小笠原の大自然の中で かけがえのない自然と、仲間に出会った子供たち。
たった4日間で、すこしづつ大切な何かに気づきはじめ 自ら考え、行動し、発信できるように・・・。
環境メッセンジャー誕生のドキュメント。
第1話南島篇
第2話アオウミガメ篇
第3話シーカヤック篇
第4話ポンコツ車片付け篇
第5話環境メッセンジャー誕生篇
http://www.cosmo-oil.co.jp/netmovie/netcinema02/index.html
46分 2006年 コスモ石油
39 いま、私たちにできること

<コピー・再配布 禁止>
放課後、智と真里の兄妹の前に、 突然絵本から飛び出した不思議なハチドリ。
世界中を飛び回り各地の問題を二人に説明していく。
環境問題にはちんぷんかんぷんだった二人も、 ハチドリにいざなわれ、しだいに自分の事として考え始める・・・。
「いま、私たちにできること」を考える環境ムービー。
第1話ハチドリのひとしずく
第2話紙ネッコンってなあに?
第3話島がなくなる!?
第4話海に木を植える!?
第5話未来を作るのは私たち!
http://www.cosmo-oil.co.jp/netmovie/netcinema03/index.html
47分 2008年 コスモ石油
40 人と木〜世界の森林を守るため、今私たちにできること〜 森林減少問題に関する解説とデータ、さらに授業を実施する際のヒントを収録した副教材も付いています。高校や大学などで地球環境問題を取り上げる際、さらに環境問題に関心のある方や、企業での勉強会などでもご活用いただけます。
第1章 森林の役割、森林と人間(7分21秒)
第2章 世界の森林と日本の木材利用(4分20秒)
第3章 私たちにできること(8分40秒)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/
world/dvd_hitotoki.html
20分 2010年 地球・人間環境フォーラム
41 里海と生きる〜有明海・鹿島〜 有明海は、豊かな干潟の自然と、それが育む水産資源に恵まれた、人と自然のかかわりが深い海です。
WWFジャパンでは、この海の景観を「里山」の対語となる「里海(さとうみ)」と題し、2005年の一年間、佐賀県の鹿島市を中心に、有明海のドキュメンタリー制作に取り組みました。
完成したDVDには、有明海の自然と生き物、伝統的な漁、今、海が抱えている課題、そして鹿島市の人々によるさまざまな取り組みが収録されています。
http://www.wwf.or.jp/activities/lib/
vtr/20060511.html
31分 2005年 WWFジャパン
42 木を使って森を生かす 木材は、使った分だけを計画的にまた育てていけば、いつまでも利用できる天然資源です。日本は国内で消費する木材の80%近くを輸入に依存していますが、長い期間に渡って利用できるよう計画された森林で生産された物は、そのごく一部に過ぎません。それどころか、全輸入量の20%が、世界中で違法に伐採された木材だと言われています。つまりわたしたちのすぐ身近にも、望ましくない方法で生産された木材に由来する製品が多くあると言わざるをえないのが、現状です。
ではわたしたち消費者が、長く利用でき、森林の生態系にも負荷の少ない木材や製品を選ぶ手段はないのでしょうか?漫才コンビのパックンマックンが皆さんをナビゲート、森林特に、熱帯林の恵みを体験し、そうした貴重な森を守りながら木を利用していくための方法を発見していきます。
http://www.wwf.or.jp/activities/lib/
vtr/20090216.html
28分 2008年 WWFジャパン
43 私たちのくらしと野生生物今や、年間1,700万人もの日本人が海外に出かけているといわれます。旅先で、日本では見かけない珍しい品物を見つけると、ついつい購入したくなるもの。しかし、それらの中には「ワシントン条約」で国際取引を規制されている、絶滅の恐れのある野生生物を使用した製品も少なからず紛れています。
こうした品々は帰国の際に税関で没収されるばかりか、間接的に世界の野生生物を絶滅に追い込む一因ともなってしまいます。せっかく購入したお土産を無駄にしたり、世界の野生生物を危機にさらさないためにも、海外に出かける前にワシントン条約について知っておきましょう。
http://www.wwf.or.jp/activities/lib/
vtr/20080221.html
25分 2010年 WWFジャパン
44 みんなで伝えよう!南西諸島の生きもの多様性 動画だけでなくインタラクティブ性の高いコンテンツによる一枚完結型のワンストップ教材で、授業時間や学校のパソコン環境に合わせた使い方が可能です。子どもたちが「生きもの多様性新聞社」の新聞記者となり、「移動新聞室」に乗って、南西諸島の自然の中で生きものを取材する、環境教育プログラムです。取材中、南西諸島の自然の中で色々な生きものと遭遇したり、生きものの面白い話を聞いたり、クイズに答えたりと、さまざまな方法で、新聞記事になる内容をノートに記録していきます。 取材した生きものの情報や、自分で写真をとった身近にいる生きものの情報をまとめて、新聞として出力もできます。出来上がった新聞をクラスで発表したり、家に持ち帰ることもできます。
http://www.wwf.or.jp/activities/
2010/02/786719.html
PC利用の学習プログラム 2010年 WWFジャパン
45 小学校理科 生き物とかんきょう1 映像を通じて、地球に暮らす生き物には、空気、水、食べ物が必要となり、人、動物、植物が関わり合いながら生きていることを理解します。さらに、食べる・食べられるの関係の食物連鎖についてもとりあげます。 15分 2011年 日本コロムビア
46小学校理科 生き物とかんきょう2 地球の環境を守るために、取り組んでいるさまざまな活動を紹介することで、環境への興昧と関心を深めます。また、二酸化炭素を増やさない工夫、川や海をよごさない工夫、砂漠化を防ぐ工夫なども紹介します。 15分 2011年 日本コロムビア
47 小学校自然と科学シリーズ1
教えて!放射線ってなあに
・教えて!「放射線ってどんなもの?」
・教えて!「放射線はどこになるの?」
・教えて!「放射線の単位は?」
・教えて!「自然から受ける放射線の量は?」
・教えて!「放射線はどのように利用されているの?」
・教えて!「放射線は見えるの?」
・教えて!「放射線はさがせるの?」
・教えて!「放射線から身を守るには?」
23分 2012年 日本コロムビア
48 小学校自然と科学シリーズ2
自然エネルギーをさがそう!
・エネルギーってどんなもの?
・電気はどのように作られているの?
・電気を作る資源はどこから来るの?
・これからのエネルギー資源(1) 太陽光
・これからのエネルギー資源(2) 風力
・これからのエネルギー資源(3) バイオマス
・これからのエネルギー資源(4) 地熱・蒸気
・これからのエネルギー資源(5) 新発見の資源
20分 2012年 日本コロムビア
49 モリゾー・キッコロ 地球環境の旅 愛・地球博」の人気キャラクターとして活躍したモリゾーとキッコロ。このかわいいコンビが地球環境の今をわかりやすく伝えます。ダイナミックな実際の映像を駆使して「希少動物を守る」「地球の温暖化を防ぐ」「環境を汚さない」など“未来の地球”をつくる最前線の現場をレポート。
●ジンベエザメ Uターン!〜フィリピン・ルソン島〜
●蝶は森の救世主〜ケニア〜
●ゴミから生まれるエネルギー〜スウェーデン〜
●250キロ!湖畔にアサザを〜茨城県・霞ヶ浦〜
●植物プラスチックが地球を救う!〜名古屋/アメリカ・ネブラスカ州〜
●絶滅脱出!珍獣カモノハシ〜オーストラリア・タスマニア島〜
●コーヒーを育てる恵みの森〜メキシコ〜
●田んぼに舞ったコウノトリ〜兵庫県・豊岡〜
120分 2007年 NHKエンタープライズ
50 世界のエコツアー 〜地球を感じる旅〜
ユーラシア大陸編
命あふれる星、地球。エコツアーはその美しさを体験する旅。地球の今を感じ、未来を思う旅。大自然に触れるエコツアーに案内します。
◇九寨溝・黄龍(中国)
◇命の大河メコン(ラオス)
◇高原の民と暮らす(ネパール)
◇野生のチューリップに出会う(カザフスタン)
◇ウミガメの住む海(ギリシャ)
◇北極圏の森(フィンランド)
◇霧の島 スカイ島(イギリス)
159分 2009年 NHKエンタープライズ
51 世界のエコツアー 〜地球を感じる旅〜
環太平洋・インド洋編
命あふれる星、地球。エコツアーはその美しさを体験する旅。地球の今を感じ、未来を思う旅。大自然に触れるエコツアーに案内します。
◇ガラパゴス諸島(エクアドル)
◇ハワイ島(アメリカ)
◇熱帯雨林に生きる(インドネシア)
◇極楽鳥の住む森(パプアニューギニア)
◇シャーク湾(オーストラリア)
◇タスマニア島(オーストラリア)
◇命あふれる島々(セーシェル)
◇キツネザルの住む島(マダガスカル)
159分 2009年 NHKエンタープライズ
52 世界のエコツアー 〜地球を感じる旅〜
アフリカ大陸編
命あふれる星、地球。エコツアーはその美しさを体験する旅。地球の今を感じ、未来を思う旅。大自然に触れるエコツアーに案内します。
◇砂漠の命に出会う(モロッコ)
◇アフリカの息吹を感じる(ガーナ)
◇アフリカ類人猿の森へ(ウガンダ)
◇野生動物の楽園(タンザニア)
◇キリマンジャロ(タンザニア)
◇世界最古の砂漠(ナミビア)
◇水辺に集う動物たち(ボツワナ)
139分 2009年 NHKエンタープライズ
53 世界のエコツアー 〜地球を感じる旅〜
南北アメリカ大陸編
命あふれる星、地球。エコツアーはその美しさを体験する旅。地球の今を感じ、未来を思う旅。大自然に触れるエコツアーに案内します。
◇ホッキョクグマの来る町(カナダ)
◇マナティと泳ぐ(フロリダ半島 アメリカ)
◇熱帯の森を行く(コスタリカ)
◇ギアナ高地(ベネズエラ)
◇パンタナール(ブラジル)
◇アマゾン源流の密林へ(ペルー)
◇パタゴニア(アルゼンチン)
139分 2009年 NHKエンタープライズ
54 葉っぱのハルムのぐるぐるエコ教室
※DVDビデオ対応プレーヤーで  再生してください。
アニメ「葉っぱのハルムの大冒険」(約17分)
葉っぱのハルムは生まれたての若葉。嵐のせいで仲間にはぐれてひとりぼっち。彼はある日、身寄り探しの旅に出ます。旅路で出会うのは怖そうなアリやダンゴムシ、学識豊かなふくろう、可憐な水の精など…葉っぱのハルムの冒険を追いながら“2つのつながり”を体感できます。
映像ドキュメント「ハルム記者が見た! つながっているワールド」(約29分)
いままで気づかなかったけれど、あんがい私たちの身近なところに顔を出している“2つのつながり”。葉っぱのハルムがそうした現場を訪ね歩きながら、エコ・アクションへのきっかけを考えていきます。「みんなのエコライフのヒントになったらうれしいな」(by 葉っぱのハルム)
クイズアドベンチャー「守ろう! 動物のおうち」
46分 2008年 ビジュアルスケープ
55 地域から調べる環境シリーズ1
生きものから調べる
「地域」をフィールドに、生きもの、水、大気、そして土の視点から「農業」「環境」そして「暮らし」の連関性を解き明かす。その内容をヒントに、地域の農業と環境をどのように捉え、はたらきかけていくか。その発見と創造性を支援するビデオ作品。
タンポポの西洋種、在来種の見分け方/田んぼは生きもののゆり かご/ 虫見板や網を使った田んぼの生きもの調査/里山の生きも のと人々とのかかわり 他
25分 2002年 農山漁村文化協会
56 地域から調べる環境シリーズ2
水から調べる
「地域」をフィールドに、生きもの、水、大気、そして土の各視点から「農業」「環境」そして「暮らし」の連関性を解き明かす。その内容をヒントに、地域の農業と環境をどのように捉え、はたらきかけていくか。その発見と創造性を支援するビデオ作品。
川の水質をあらわす生きもの/高校生がはじめた水質浄化活動/ 大根の洗える川とは?/水環境の聞き書き調査 他
25分 2002年 農山漁村文化協会
57 地域から調べる環境シリーズ3
大気から調べる
「地域」をフィールドに、生きもの、水、大気、そして土の各視点から「農業」「環境」そして「暮らし」の連関性を解き明かす。その内容をヒントに、地域の農業と環境をどのように捉え、はたらきかけていくか。その発見と創造性を支援するビデオ作品。
農地・林地がヒートアイランドをやわらげる/簡易百葉箱でどこでで もできる気温測定/アサガオで知る「大気汚染物質」の発生 他
25分 2002年 農山漁村文化協会
58 地域から調べる環境シリーズ4
土から調べる
「地域」をフィールドに、生きもの、水、大気、そして土の各視点から「農業」「環境」そして「暮らし」の連関性を解き明かす。その内容をヒントに、地域の農業と環境をどのように捉え、はたらきかけていくか。その発見と創造性を支援するビデオ作品。
土壌をつくる生きもの/森林の土壌断面を調べる/畑の土つくり/ 畑 の土壌を調べる他。
25分 2002年 農山漁村文化協会
59水田の秘密 環境と生命の物語温暖多雨の気候や山が多い日本の自然条件をたくみに活かした水田は、何度でも連作が出来るすぐれた農業装置。お米を生み出すだけでなく、地域の文化と景観を育て、国土の環境も守ってきた水田の役割と秘密に迫る。
国土の7割を占める森は豊かな水を育む緑のダム/森林の栄養分を田畑に運ぶ農業用水路/棚田・千枚田を守る取組み/お米の原産地と日本への伝来/熱帯地域の農業(タイ)-全国に広がる表土消失/乾燥地域の農業(中国)-中国全土の2割近くが砂漠化/日本の水田を支える水路網と巧みな用水施設/田んぼの中での生命のドラマ「食物連鎖」/水の中で育つ稲の仕組みと稲の生長
20分 1997年 農山漁村文化協会
60 森のしくみ
<ブナとミズナラの森>
ブナの森の中では多様な生き物たちが生活をしています。植物の光合成によって作り出された栄養分は虫たちなどに食べられ、さらにそれが鳥に食べられるというように食物連鎖をとおして生き物の間を流れていきます。さらに落ち葉や枯れ木、動物の遺体や排泄物などは土の中の生き物たちによって分解され、それを再び植物が利用します。自然の森は人が肥料をやったり、草刈りをしたりするわけではありません。自律的に生き続ける森はそれ自体が大きな生き物のようなものです。 30分 2000年 東京書籍
61 田んぼの中の不思議な生き物たち
<水の中の食物連鎖>
動き回る動物たち、エサを掃除機のように吸い取ろうとする動物たち、田んぼの中には不思議な生き物たちがいっぱいいます。田んぼに水が入っている短い期間に現れ、消えていくたくさんの生き物たちの姿を食物連鎖を中心にして紹介します。
緑藻類(イカダモ、クンショウモ、ツヅミモ、アオミドロ、アミミドロ、クラミドモナス、ユードリナ、ボルボックス)、ケイソウ類、ミドリムシ 動物プランクトン(原生動物、ワムシ、ミジンコ)、カイエビ、ホウネンエビ、オタマジャクシ、フナ、タガメ、ガムシ、ヤゴ、ヒドラ、コケムシ ケリ、ツバメ、サギ
19分 1998年 東京書籍
62 照葉樹林
<文化の故郷>
かって西日本の平野部は、カシやシイなどの常緑の深い森で覆われていました。照葉樹林と呼ばれている森です。人々はその森に住み、食べ物を手に入れ、自然の中の一員として生きていました。‥‥ 照葉樹林とはどのな森なのか、その全体像、人とのかかわり、遷移の過程などについて紹介します。
照葉樹林とは? 構成植物(カシ、シイ、アオキ、ヤツデ、ヤブツバキ、クス、タブ、ヤブコウジ) 照葉樹林の動物(メジロ、イノシシ、アオスジアゲハ、ヤマビル) 照葉樹林文化(穀類、イモ類、茶、ソバ、水さらしによるアクや有毒物質の除去、納豆、絹糸、漆塗り、竹細工) 遷移(林道の路肩、採石場の跡;コケ、アカマツ、ススキ、ヨモギ、アカメガシワ河原;ヨシ、ヤナギ、陽樹と陰樹、極相)
28分 東京書籍
63 森と生きる 縄文、一万年の歴史を踏まえ、森と共生する新たな技術を探り、未来に向けた持続可能な「木の文明」への具体策がここにある。 オークヴィレッジが全面的に企画し、匠の技を紹介した意欲作です。 29分 2004年 紀伊國屋書店
64 山口 一の坂川
〜歴史をつむぐ流とともに〜
プロローグ 〜石体子安観音堂〜 大内氏のまちづくりと国際交流 ホタル 源流をたずねて〜萩往還・維新〜 川とくらし 水災と治水 ホタルの保護と自然の営み まちに寄り添う流れ〜地域づくりの取り組み 椹野川と合流 鴨川に見たてて 41分 2014年 歴史の町山口を甦らせる会

もどる