「椹野川河口域・干潟自然再生協議会」委員会

第8回 平成19年6月16日(土)

開催概要 挨拶 議事要旨 資料ダウンロード

第8回委員会の開催概要

 「椹野川河口域・干潟自然再生協議会」の第8回目の委員会が平成19年6月16日(土)、山口県水産研究センター内海研究部で開催されました。
 当日の参加者数は36名で、その他一般の方も参加されました。
 まず、事務局から、新たに4名の方々に対して、委員から協議会入会の推薦があることが報告され、全ての方々の入会が承認されました。
 また、1名の退会が報告されました。
 これにより、第2期委員は60名になりました。
 次に、県市の組織改編による要綱改正が報告され、承認されました。
 最後に、事務局及び関係者から、平成18年度の活動報告がありました。
 事務局から、平成18年度の干潟再生実証実験モニタリング結果の報告及びカブトガニ研究懇話会が監修し、環境省が発行した冊子「山口湾のカブトガニ」が紹介されました。
 また、椹野川流域地域通貨・連携促進検討協議会から、源流の碑作成などの活動報告及び地域通貨フシノの取組みについて報告されました。

 なお、委員会終了後、アマモ報告会及び観察会が開催され、水産研究センターで報告会を行った後に、山口湾に移動し、参加者によりアマモの花枝の採取、イシガレイの放流及びアマモ場の生物採取と観察が行われました。(参加者約50名)

「椹野川河口域・干潟自然再生協議会」第8回委員会次第」

日時:平成19年6月16日(土) 12:30〜13:30
場所:水産研究センター内海研究部会議室

1 開会

2 議題

(1) 新規委員について
(2) 要綱改正について
(3) 椹野川河口干潟の再生等の取組について

3 閉会


(資料)
・椹野川河口域・干潟自然再生協議会設置要綱
・平成18年度椹野川河口干潟自然再生事業実施計画調査報告書
・パンフレット「山口湾のカブトガニ」


■アマモ報告会及び観察会(13:40〜16:00)
  主催:水産振興課
  内容:(1)報告会
      [1]やまぐち干潟生産力回復事業について
      [2]調査計画と昨年までの実績について
     (2)観察会
      [1]アマモ花枝の採取
      [2]イシガレイの放流
      [3]アマモ場の生物の採集と観察

▲ ページのトップにもどる << 前のページにもどる

椹野川河口域・
干潟自然再生協議会について
協議会設立趣旨
協議会設置要綱
専門委員会設置細則
協議会委員
椹野川河口域・干潟
  自然再生全体構想
協議会設立経緯
椹野川河口域・干潟等再生に
関する取組について
開催概要
リンク

事務局

椹野川河口域・干潟
  自然再生協議会事務局
(山口県環境生活部自然保護課)

〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
 (山口県庁2階)
TEL 083-933-3060
FAX 083-933-3069
E-mail a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

All rights reserved. copyright(c) 椹野川河口域・干潟自然再生協議会 2004