「椹野川河口域・干潟自然再生協議会」委員会

第3回 平成17年3月6日(日) 開催概要 挨拶 議事要旨 資料ダウンロード

第3回委員会の開催概要

 「椹野川河口域・干潟自然再生協議会」の第3回目の委員会が平成17年3月6日(日)、山口県水産研究センター内海研究部で開催されました。
 藤井暁彦から個人委員としての応募があり、設置要綱第6条に基づき、委員会出席者の合意が得られたため、新たに団体委員として承認されました。
 このため、構成委員数が57名となり、そのうち委員の参加者数は39名で、その他事務局等の参加がありました。
 会議では、前回(11月28日)以降における椹野川河口干潟等の再生の取組について、関係団体や事務局等から、報告等ありました。
 次に、前回のグループ討議結果等を踏まえて、事務局で修正を加えた全体構想素案修正版に対し、事前にいただいた意見、対応、修正部分等について、事務局が説明を行い、その後、意見等を踏まえた全体構想案について、検討協議が行われました。
 この結果、今回の意見を踏まえるとともに、修正意見等があれば事務局に提出をいただき、最終的な内容の確認は会長一任ということで3月末を目途に全体構想を作成することで了承された。
 その後、来年度の事業スケジュール等について、事務局から説明があり、また、山口県環境生活部環境政策課が行う平成17年度干潟再生拡大実証試験の概要、山口県漁政課が行う平成17年度アマモ場造成実証検討事業の概要等が説明されました。
 委員会終了後、水産研究センター内において、実施されているアマモの発芽状況等について、見学しました。


「椹野川河口域・干潟自然再生協議会」第2回委員会次第

日時:平成17年3月6日(日)13:00〜15:00
場所:水産研究センター内海研究部会議室    

1 開会

2 挨拶

3 議題

(1) 委員について

(2) 椹野川河口干潟等の再生の取組

(3) 椹野川河口域・干潟自然再生協議会全体構想(素案)について

(4) スケジュール等

(5) その他

6 閉会

▲ ページのトップにもどる << 前のページにもどる

椹野川河口域・
干潟自然再生協議会について
協議会設立趣旨
協議会設置要綱
専門委員会設置細則
協議会委員
椹野川河口域・干潟
  自然再生全体構想
協議会設立経緯
椹野川河口域・干潟等再生に
関する取組について
開催概要
リンク

事務局

椹野川河口域・干潟
  自然再生協議会事務局
(山口県環境生活部自然保護課)

〒753-8501
山口県山口市滝町1番1号
 (山口県庁2階)
TEL 083-933-3060
FAX 083-933-3069
E-mail a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

All rights reserved. copyright(c) 椹野川河口域・干潟自然再生協議会 2004