トップページ大気・水環境等の保全ダイオキシン類「平成15年度ダイオキシン類に係る常時監視調査結果」について

「平成15年度ダイオキシン類に係る常時監視調査結果」について(表1〜表5)

表1 平成15年度ダイオキシン類常時監視総括表
調査媒体 地 点 数 測 定 結 果 環境基準等 単  位
最低値 最高値 平均値
大  気  9 0.019  0.054 0.035 環境基準 0.6
全国平均 0.093
pg-TEQ/m3
水 質 河 川
湖 沼
海 域
 9
 5
 6
0.063
0.061
0.059
0.22
0.075
0.071
0.084
0.067
0.064
環境基準 1



全国平均 0.25
pg-TEQ/L
全 体 20 0.059 0.22 0.078
底 質 河 川
湖 沼
海 域
 9
 5
 6
0.17
7.4
0.23
0.84
16
16
0.36
13
8.3
環境基準 150



全国平均 11
pg-TEQ/g
全 体 20 0.17 16 5.9
地 下 水 18 0.059 0.11 0.063 環境基準 1
全国平均 0.066
pg-TEQ/L
土  壌 50 0.0025 7.3 0.73 環境基準 1,000
全国平均 3.8
pg-TEQ/g
注)1 環境基準のうち、大気、水質及び地下水の基準値は年間平均値である。(以下同じ)
   2 全国平均は前年度の全国調査結果(環境省まとめ)の平均値である。(以下同じ)
表2 平成15年度ダイオキシン類測定結果(大気)
単位:pg-TEQ/m3
 調査地点 測定
回数
測 定 結 果 環境基準等
最低値 最高値 平均値
(年平均)
岩国市役所   (岩国市)
柳井健康福祉センター(柳井市)
周南市役所   (周南市)
防府市役所    (防府市)
環境保健研究センター(山口市)
宇部市見初ふれあいセンター
        (宇部市)
豊浦健康福祉センター(豊浦町)
萩建設会館   (萩市)
下関市長府東局 (下関市)
2
2
4
4
4
4

2
2
2
0.043
0.029
0.019
0.022
0.015
0.036

0.019
0.020
0.024
0.047
0.030
0.060
0.064
0.023
0.096

0.024
0.035
0.067
0.045
0.030
0.035
0.036
0.019
0.054

0.022
0.028
0.046
環境基準 0.6
  計 (9地点) 26 0.015 0.096 0.035 全国平均0.093
注)測定回数が、2は夏期・冬期の調査、4は春期・夏期・秋期・冬期の調査。
表3 平成15年度ダイオキシン類測定結果(水質・底質)
媒体 調 査 地 点 環境基準点 測 定 結 果 環境基準等
水 質
pg-TEQ/L
底 質
pg-TEQ/g
河川 錦川
島田川
椹野川
厚東川
木屋川
阿武川
富田川
夜市川
大井川
EC-4
GC-2
YC-2
UC-2
SC-2
BC-3
GC-9
GC-11
OC-1
0.063
0.093
0.070
0.090
0.086
0.063
0.22
0.084
0.078
 0.17
 0.40 
 0.84
 0.34
 0.22
 0.24
 0.41
 0.34 
 0.27
水質の環境基準
  1 pg-TEQ/L

底質の環境基準
 150 pg-TEQ/g



















全国平均
 水質 0.25
 底質 11

 計(平均値等)   9 0.094  0.36
湖沼 菅野湖
小野湖
豊田湖
阿武川ダム貯水池
常盤湖
EC-9
OC-1
TC-1
AC-1
RC-3
0.065
0.069
0.066
0.061
0.075
 7.4
15
12
16
14
 計(平均値等)   5 0.067 13
海域
広島湾西部
徳山湾
三田尻湾・防府
山口・秋穂
響灘及び周防灘
萩地先
ED-101
TD-17
HD-4
YD-4
UD-10
BD-2
0.059
0.061
0.067
0.071
0.067
0.061
 6.0 
 5.1
16
 9.3 
13
 0.23
 計(平均値等)   6 0.064 8.3
 総 計(平均値等)  20 0.078 5.9
表4 平成15年度ダイオキシン類測定結果(地下水)
単位:pg-TEQ/m3
媒体 調 査 地 点 地点数 測定結果 環境基準等
地下水


 
 岩国市
 玖珂町
 周東町
 錦 町
 錦 町
 周南市@
 周南市A
 周南市B
 周南市C
 光 市
 防府市@
 防府市A
 宇部市@
 宇部市A
 小野田市
 阿知須町
 長門市
 下関市
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
  1
    0.061 
    0.059
    0.059
    0.060
    0.059
    0.060
    0.059
    0.059
    0.059
    0.059
    0.059
    0.059
    0.059
    0.059
    0.060
    0.11
    0.059
    0.068
環境基準 1
 計(平均値等)  18    0.063 全国平均 0.066
表5 平成15年度ダイオキシン類測定結果(土壌)
単位:pg-TEQ/g
 調査地点 測定結果  調査地点 測定結果 環境基準等
岩国市@
岩国市A
岩国市B
岩国市C
柳井市
下松市@
下松市A
下松市B
光 市@
光 市A
周南市@
周南市A
周南市B
周南市C
周南市D
防府市@
防府市A
防府市B
防府市C
防府市D
山口市@
山口市A
山口市B
山口市C
山口市D
 0.15
 0.037
 0.077
 0.026
 0.21
 0.0099
 0.65
 0.94
 0.0038
 0.12
 0.59
 3.8
 0.057
 0.079
 0.19
 0.73
 2.4
 7.3
 6.9
 2.1
 0.37
 1
 0.15
 0.17
 0.044
山口市E
宇部市@
宇部市A
宇部市B
宇部市C
宇部市D
宇部市E
宇部市F
宇部市G
小野田市@
小野田市A
萩 市@
萩 市A
下関市@
下関市A
下関市B
下関市C
下関市D
下関市E
下関市F
下関市G
下関市H
下関市I
下関市J
下関市K
 3.3
 1.3
 0.92
 0.034
 0.038
 0.35
 0.0031
 0.04
 0.0025
 0.12
 0.013
 0.023
 0.035
 0.0052
 0.022
 0.013
 0.055
 0.032
 0.54
 0.05
 0.03
 0.056
 1.1
 0.1
 0.042
環境基準
   1,000

 計(平均値)    50  0.73  全国平均 3.8
【用語等解説】

ダイオキシン類
ダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)、ポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD)及びコプラナーポリ塩化ビフェニール(コプラナーPCB)と定義されている。

ピコグラム(pg-TEQ);1兆分の1グラム(10−12g)
東京ドームに相当する体積の入れ物を水でいっぱいにした場合の重さが約1012gです。
このため、東京ドームに相当する入れ物に水を満たして角砂糖1個(1g)を溶かし、その水1ccに含まれている砂糖が1pg(ピコグラム)になります。

TEQ;毒性等量(Toxicity Equivalency Quantity)
ダイオキシン類の濃度は、各異性体によって毒性が異なるため、ダイオキシン類の異性体 の中で最も毒性の強い2,3,7,8-TCDD(2,3,7,8-四塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン)の毒性を1として、他のダイオキシン類の毒性の強さを2,3,7,8-TCDDに換算し、合計した毒性等量 (TEQ)として表す。(各異性体の毒性等価係数により換算した値)